98.7教育課程審議会答申と技術教育


 平成8年8月、教育課程審議会は、文部大臣から教育課程の改善の基準についての諮問を受け、21世紀を主体的に生きることができる国民の育成を期するという観点に立って審議を進め、平成10年7月に答申を出すに至った。
 ここでは、この答申の内容をもとに、社会の情勢・要請、学校教育における教科の構成、家庭と地域社会との関係などに関して図式化してまとめるとともに、中学校における技術教育で重視すべき事項についてまとめてみた。
「これからの技術・家庭科(技術)の動向と指導の在り方」を考察するための資料として、このイメージ図を活用してもらえれば幸いである。
1998.10 河合 

答申と技術教育に関してご意見をお寄せください

ホームへ メール