木材の収縮方向



木材は接線方向に沿って収縮することが分かりました。で
は半径方向や繊維方向も収縮するのでしょうか?これも実
験によって調べてみましょう。

実験


@実験材料
実験には生木をサイコロ状に加工し、高さ、横、奥行きの長
さをすべて同じにした試験材を3つ使います。
A実験方法
それぞれを、接線方向、半径方向、繊維方向として長さをは
かってみることにします。乾燥前の試験材の長さは32.0mm
とします。
 この3つを同時に50℃で乾燥します。


B結果とまとめ
接線方向 :  (乾燥前)32.0mm   →  (乾燥後)30.1mm
半径方向 :  (乾燥前)32.0mm   →  (乾燥後)31.25mm
繊維方向 :  (乾燥前)32.0mm   →  (乾燥後)31.9mm
 
木材の収縮の割合
   接線方向 : 半径方向 : 繊維方向 
      20   :   10    :    


TOPへ