のこぎりの使い方

1.のこぎりを使用するときは、利き手で柄じりを握る。のこぎりは、手前に引くときに切れるので、引くときに力を入れるようにする。
2.引き方は、@片手引きとA両手引きの2通りがあるが、今回のミニトレーの製作では材料が厚くないので、@の片手引きが適していると思われる。

@片手握り

A両手握り

3.木材を正確に切断するポイント
  ・木材をクランプなどでしっかりと固定する。
  ・必ずけがきをし、けがき線ギリギリの外側を切断する。
  ・視線は左目でのこぎりの左側、右目でのこぎりの右側を見る。
  ・一定のスピードでリズミカルに切断する。
  ・切り終わりは割れが生じないように、切り落とす側を手で受ける。
  ・厚い板はのこぎりをたてて、薄い板は寝かせて切断する。

4.引き始めから引き終わりまでのコツ

<引き始め>

手で固定

クランプで固定

引き始めのポイントは、親指の先をけがき線にあわせてガイドにし、根本の刃だけで小刻みに切っていく。この時、間違えて爪を切らない ように注意をする。

<途中>

一定のところまで切り込んだら、のこぎりを寝かせ、浅いキリ溝を入れ、これをガイドにして切り進める。

<引き終わり>

手で固定

クランプで固定

引き終わりは、切り落とす材料の重さで材料が割れないように、引き終わりが近づいてきたら小刻みにゆっくりと引いて、切り落とす部分を片手で支えながら切っていく。