特徴









由来



工程


1.使用材料

※使用機具はその都度紹介


2.鋼の寸法取り

鋼材の寸法をとります 鋼を切断したものです



3.地鉄作り

地鉄を適当な大きさに切断します
高炉に入れ熱します



4.鍛接

熱した地鉄の上に鋼材をのせ、
さらに高炉に入れ直します
鍛造機で鍛接します
鋼と地鉄がくっつきました



5.切り落とし

切断機で適当な長さに切断します




6.焼きなまし

約800度に熱し、内部の応力を得ます

7.べと落とし


8.荒たたき


鉄ハンマで荒たたきをします
常温で打ち鍛え、分子を細かくします

9.ミリング

これはショットブラストと呼ばれる機械です
この機械の中に刃物を入れて表面を整えます
下の玉(スティールショット)を
吹きかけながらこの機械が回転します
スティールショットです。砂ぐらいの大きさです。
仕上がり、表面がきれいになりました

10.中子とり

柄の部分を切断機を用いて作ります

11.本ならし

鍛造機で刃の表裏を平らにします

12.けびき

完成の寸法に合わせます けびき線を入れます

13.すり廻し

グラインダーでけがきに沿って整形します 刃物らしい形になりました

14.バリ取り


15.泥塗り

泥を両面に塗ります

16.焼き入れ

鋼鉄を強くするために、
800度前後のどろどろとした
鉛の浴槽に入れます
次に水で急冷させます

17.焼き戻し


18.泥落とし


19.ひずみ直し


20.刃付け

砥石で刃をつけます

21.油ひき


22.完成

これに木製の柄をつけて完成です