1.特徴


2.由来


3.工程

原木の種類

原木の種類 用途 産地 将棋駒原木の種類
・本黄楊(ほんつげ) 高級品用 鹿児島県
東京都御倉島
・シャムツゲ 中級品用 タイ、カンボジア
・まき(マユミ)
・ほお(ホオノキ)
・はびろ(ハクウンボ  ク)
・あおか(ウリハダカエ デ)
・いたや(イタヤカエデ)
・梅など
普及品、
中級品用
東北各県


★駒木地作りに必要な道具

コマ切りナタ
・これ一丁ですべてやります
・ナタは一日二度研がれます
          @がコマ切りナタです。
            柄と刃からできています。

3−1.駒木地作りの種類

  駒木地作りにはナタ切りと動力機械切りの2種類あります。

ナタ切り 動力機械切り
原木・乾燥 玉切り(輪切り)
玉切り(輪切り) 大割り
大割り 端切り(三角はずし)
荒切り 荒切り
小割り 小割り、仕上げ
仕上げ(駒むき) 乾燥
選別 選別


  ●ナタ切りは乾燥材を使用するが、機械切りは生材を使用します。
  ●ナタ切りははじめに乾燥させ、機械切りは最後に乾燥させます。


3−2.駒木地造り

  ナタ切りを詳しくみてみましょう


4.将棋駒の種類

製作方法 備考
書き駒 漆で駒木地に文字を直接書く 楷書・草書の2種類(天童は草書)
彫り駒 機械彫りと手彫りがある 字体の簡略度により、
黒彫、並彫、中彫、上彫がある
彫り埋め駒 彫りあがった駒に下地漆
(生漆と砥粉を練り合わせた錆漆)を
調合→乾燥→下地漆を入れる→耐水ペーパーで砥ぐ→平滑にする
耐水ペーパーは目の荒いものから細かい方へ数段階に分けて使われます
盛り上げ駒 彫り埋め研ぎだした駒に、まき絵筆を使い、文字を漆で浮きだたせる→乾燥→磨く 技術的に難しく、最高級品
押し駒(スタンプ駒) 駒木地に直接スタンプする 大量生産しやすく、安価