WAZA-NETへようこそ
 
 WAZA-NETへようこそ。河合です。私たちの研究室では、こどもたちが人間として成長し、様々な問題を抱えたこれからの二十一世紀において、生涯に渡って明るく楽しい生活をして行くために、先人たちが築き上げてきた生活や文化や産業の中で、伝承すべき技術は何か、地球環境的視点から何が改善が必要なのか。また、将来遭遇するであろう技術的な諸問題に対して、自らが課題意識を持って実践的に技術的課題を解決する能力とは何か、能力を身に付けるためにはどうすればよいのかなど、「技術教育のあるべき姿」「山形における技術教育と私たち研究室の成すべきことがら」を考究しながら、技術教育史や教科書、教材、教具、指導法、技術教育環境等に関して、「ものづくり」「教育」「技」「実践」をキーワードに調査研究に取り組んでいます。 
 このホームページも「私たちにできることは何か、何を成すべきか」の問いかけをもとに、98年9月に学生のプロジェクトリーダー菊地君を中心に開設しました。以後、河合研究室の学生諸君とともに、改善に努めてきました。インターネットの活用状況やホームページの開設意義や課題,そして教育上の位置付けも数年前とは大きく変化しています。私たちは、インターネットやコンピュータ活用に関して目下勉強中ですので、不備な点もあると思います。ご覧頂きまして、お気づきの点についてご指摘、ご意見をお聞かせ下さい。 
 
2002.9.10 河合康則