蝋型鋳物
1,特徴
 蝋型鋳物は、極めて高度な技術を要しますが、銅町でも須貝庄三らの努力によって技術が高められ、すぐれた製品を生み出すまでになりました。これらの技術は、現在、若い鋳物師たちに受け継がれています。また、すぐれた象がんや彫金の技術は、山形の細工職人たちに受け継がれて、その技術は、銅町の鋳物に美しい模様を施すのにいかされ、秀でた製品を生み出すもとになっています。

2,工程
 
みつろう・松ヤニ配合
いまのやり方→ジルコン・粘結剤→コーティング
手作り原型→真土つけ→荒真土→荒砂→乾燥脱ろう→焼成・注湯
→バラシ仕上げ着色製品

 

ジルコン・粘結剤・コーティング

ジルコン・粘結剤・コーティング